Ra-223の代謝

INDES4.1での計算結果です。

Raの血液中からの移行率

Raの血液中からの移行率

便中への排泄放射能

便中への排泄放射能

尿中への排泄放射能

尿中への排泄放射能

血液中での放射能

血液での放射能

梁骨表面での放射能

梁骨表面での放射能

梁骨実質での放射能

梁骨実質での放射能

皮質骨表面での放射能

皮質骨表面での放射能

皮質骨実質での放射能

皮質骨実質ででの放射能

外部被ばく時の実効線量率定数

日本アイソトープ協会のアイソトープ手帳の11版に子孫核種との放射平衡を考慮した定数が追加されています。

医療利用

α線内用療法の現状と課題

日本核医学会

塩化ラジウム(Ra-223)注射液を用いた内用療法の治験適正使用マニュアル

製造法

Ra-226に中性子を照射し、Ra-227を生成し、その子孫核種のRa-223をミルキングで取り出します。この方法は、過去に医療で使われ廃棄が課題であったRa-226を有効利用できるものでもあります。

校正

NISTでのRa-223の標準が見直されました

米国国立標準技術研究所(NIST;National Institute of Standards and Technology)が設定するRa-223の標準値が変更されました。
これまでRa-223を用いた放射性医薬品の放射能の数量や濃度は、NISTが設定した標準に基づいて校正されてきましたが、2015年の3月にNIST標準値が変更されました。
新しいNIST標準では、製剤中の放射能の数量や濃度、患者への投与量等が変更前に比べて約10%高い値で表示されることとなりました。
標準値の変更前後では表示値が異なるだけで、製剤中の放射能の数量や濃度、患者への投与量に実質的な変更はありません。
国・地域で異なる値が使われることの混乱を避けるため、バイエル社の準備が完全に終了した後に、全世界一斉に新しいNIST標準値が表示される予定となっています。
このため、関連する論文などではその時期によって表示されている放射能量が異なるため、参照する場合は注意が必要となります。
Revision of the NIST Standard for 223Ra:New Measurements and Review of 2008 Data
Xofigo®: Change in NIST Standard Reference Material

放射線管理

Ra-223を用いた治療は可能ですか?

記事作成日:2014/10/03 最終更新日: 2017/04/06