ヨード123標識MIBGによる線量評価での子孫核種の考慮の必要性

I-123は壊変するとTe-123になりますが、Te-123は実質的には安定同位体と見なせます。
I-123がTe-123に壊変する際に、半減期が119.25日のTe-123mを介することはありませんのは、0.0044%です。

アイソトープ手帳10版ではI-123の項で娘核種がTe-123 mと記述され、Te-123 mの主な生成反応でI-123→Te-123 mとあります。I-123を投与されるとTe-123 mが壊変する際に放出される放射線エネルギーにも曝されるのでしょうか?

99.9956%のI-123は、半減期が119.25日のTe-123 mを介さずにTe-123になります。
アイソトープ手帳11版ではTe-123 mの主な生成反応が修正されています。I-123の娘核種としてTe-123が明示されました。

アイソトープ手帳11版でも、I-123の項で娘核種がTe-123 mと記述され続けているのは何故ですか?

Te-123 mには、いくつかの種類があり、半減期が119.25日のものではないと考えられます。0.0044%のI-123は、Te-123 mに壊変するからです。

I-123の娘核種であるTe-123により被ばくするのでしょうか?

被ばくします。
I-123がすべて壊変すると1.53E+13個のTe-123ができます。
一方、Te-123の半減期が1E+13[y]であるために、100年間生きたとして、その間に壊変する数は110個となります。
それらの壊変時に放出される放射線に曝されます。

I-123の娘核種にであるTe-123により被ばくは、「ジワリジワリの線量」と考えてよいでしょうか?

I-123の壊変数に比べると、1E-11の割合なのでそう考えられてもよいと思います。
Te-123に関しては、実質的には安定同位体と考えてもよいのかもしれません(=被ばくするが実質上は被曝しないと考えてもよいと思われます)。

I-123の娘核種であるTe-123 mにより被ばくするのでしょうか?

被ばくします。
I-123の線量に対して最大で10万分の4程度の寄与があると考えられます。

壊変図

http://www.nucleonica.net/wiki/index.php?title=Decay_Schemes

アイソトープ手帳第11版

I-123の壊変図

より詳しい壊変図

I-123の壊変図

INDESでの計算例(成人・血液注入)

I-123

全身残留
I_123_whole_bdy
甲状腺残留
I_123_thyroid

Te-123m

全身残留
Te_123_Te_123m_whole_bdy
甲状腺残留
I_123_Te_123m_thyroid

Te-123

全身残留
I_123_Te_123_whole_bdy
甲状腺残留
I_123_Te_123_thyroid

同様の相談への対応例(WBC検査の希望に対応なさっています)

取扱主任者になった診療放射線技師(この人,こんな所:平田 誠氏)

記事作成日:2014/10/13 最終更新日: 2017/01/13