診断参考レベルの意義は何ですか?

それぞれの患者にとって必要な放射線診療は、病状などにより大きく異なります。
このため、作業者のように患者の個人線量に限度を設けることは適切ではありません。
何故なら、線量限度を設けることは、あるべき診療を妨げることになりかねないからです。

診断参考レベルは、放射線診断で通常用いられる標準的な線量を調査し、これに基づいて導入されるものです。
導入された診断参考レベルは、それぞれの医療機関で診断に用いる放射線量と比較され、それと大きく違わないことを確認することにより最適化を進めるツールとして使用されます。
もちろん個々の患者ではその体格や病態によって用いる放射線量が大きかったり小さかったりするのは当然ですが、その医療機関の平均的な放射線量が理由もなく診断参考レベルと隔たっているとすれば改善すべきであると考えられます。

 診断参考レベルの設定、臨床線量の診断参考レベルへの適合性の検証には、被検者の状態、診療の目的、線量測定、画質の担保、撮影機器の設計、品質保証・保守管理などの多くの要素が関わってきます。
 例を挙げると、X線CTで表示される撮影線量CTDIの扱いが機器メーカによって様々であり、撮影条件自動適正化機能を搭載したX線CTでは、機器メーカの設計・初期設定・チューニングに撮影線量が依存し、各医療施設だけでは診断参考レベルに対応しきれないことが判明してきました。旧世代のCT装置で撮影条件が固定的であった時代とは診断参考レベルの概念が大きく変貌しつつある現在では、適正な撮影線量の実現には機器の設計・品質保証・保守管理が鍵となるのです。このように診断参考レベルは医療放射線に関わる他の要素と切り離すことができません。

 本研究班では、国内における歯科領域・医科領域の診断参考レベルの具体的な値を提示するとともに、診断参考レベルの設定や運用に関する重要な事項を解析し考察しました。

UNSCEAR

UNSCEAR Global Survey On Medical Radiation Usage and Exposure from 2005 onwards

オーストラリア政府の取り組み例 Australia

Monitoring Radiation Doses From Diagnostic Radiology

オーストラリアでの頭部X線CTによる線量は 2002年に0.8 mSvであったのが、2008年には1.2 mSvと50%と増加しました。
このため、The Australian Radiation Protection and Nuclear Safety Agency (ARPANSA)では、2010年の前半に一般的なMDCTの手技と線量をWebを用いて調査することを計画しています。
この調査の主な目的は新しい技術がX線CTで患者さんが受ける線量のインパクトを明らかにすることです。
この調査の結果は、国内での診断参考レベルの設定に活用されるでしょう。診断参考レベルは、負担なく計測できる量を用いており、各医療機関でのレベルをそれぞれ確認できるので、結果として、もしも不適切な手技であったとすると、それを改善できる可能性があります。

日本 Japan

厚生労働科学研究班

厚生労働科学研究班によるわが国の提案

J-RIME

「最新の国内実態調査結果に基づく診断参考レベルの設定」(平成27年6月7日)
医療放射線防護連絡協議会、日本医学物理学会、日本医学放射線学会、日本核医学会、日本核医学技術学会、日本歯科放射線学会、日本小児放射線学会、日本診療放射線技師会、日本放射線影響学会、日本放射線技術学会、医療被ばく研究情報ネットワーク(J-RIME)は共同で、CT、一般撮影、マンモグラフィ、口内法X線撮影、IVR、核医学検査の診断参考レベルを設定しました。

参加報告

JRC2015 参加報告

愛知県放射線技師会の取り組み

診断領域X線装置の出力測定(患者被曝の最適化)についてのアンケート調査

放射線医学総合研究所の取り組み

医療被ばく研究プロジェクト

関連した取り組み

平成27年度 日本放射線技術学会 中国・四国支部 夏季学術大会
画像情報研究会 教育講演
奥田 保男.放射線医学総合研究所.ついに公表された診断参考レベルと
我々に課せられた役割

山本勇一郎.大阪大学大学院.医学系研究科医療情報管理の立場から 現場での患者被ばく線量管理システム構築の実践に向けて ~診療放射線技師は、誰に何を伝えるべきなのか~(2015.7.5)

データの取得

多施設間IVR被ばく線量解析研究を支援するためのシステム構築
固体線量計を用いた頭部IVR診断参考レベルの策定と術者水晶体被曝の評価

研究倫理審査

当病院でCT検査を受けた皆様へ (臨床研究に関する情報)
研究者:福田 晋久.診断参考レベル導入を目指した CT 検査患者被ばく線量の推定」
診断参考レベル設定のためのX線CT検査に関する医療被ばく実態調査及び線量評価
脳血管造影における患者被ばく分布および線量に関する検討
臨床画像を用いた核医学画像評価用ファントムの開発に関する研究

巻頭言

放射線防護委員会&日本の診断参考レベル元年

報道の検証

「医療被曝抑制へ基準」で訂正あり 関係団体も指摘

画質の評価

エネルギー差分低コントラスト強調CTシステムの開発‐フィルタ材料の特性測定・低コントラスト分解能ファントムの作製‐

記事作成日:2010/04/06 最終更新日: 2017/04/23

扉の隙間からの放射線の漏れ

線源を埋め込んだ患者さんが仕事に復帰するとき

センチネル・リンパ節周囲の線量

災害時の放射線医療機器の安全管理

小児股関節撮影で生殖腺防護は必要ですか?

学生実習での放射線防護

白金製のコイルを充填した脳動脈瘤へのガンマナイフ

歯科医院で放射線防護は必要なの?

CT冠動脈造影(CTCA)で受ける線量と放射線のリスク

サイクロトロン建屋の壁はどの程度放射化するのですか?

X線の線質を調べるにはどうすればよいですか?

子供は放射線感受性が高いのでX線の画質を低下させるべきでしょうか?

X線室の中で放射線はどこから飛んでくるのですか?

研究班が提案するわが国の診断参考レベル

放射性医薬品投与後は減衰を待って帰宅した方がよいのでしょうか?

ポータブルX線検査の防護はどうすればよいですか?

医療機関で放射線を扱うことのリスクは大きいですか?

放射性医薬品に含まれる不純核種の遮へい

半減期が長い放射性核種は危険ですか?

検査の間隔を空けると放射線リスクは減りますか?

静磁場の生体影響

診断参考レベルの意義は何ですか?

エネルギーが10MeVを超える医療用リニアック施設の遮へい設計上の留意

核医学検査で受ける放射線の量はどうやって推計するのですか?

サブマージョンとは何ですか?

核医学検査を受けた患者の病棟でのケア

古い装置で製造販売会社がなくなった場合に保守点検はどうするのがよいですか?

アブレーションの胎児の線量

IVRでの発がんリスク

放射線ってコワイ?

空気カーマと空気吸収線量ってどう違うの?

IVRのガイダンスレベルを教えて下さい。

エックス線診療室を訪れる人々(やや古い設定です)

時定数って何ですか?

線量の種類は色々あるのですか?

NICUの医師や看護師が受ける線量

アメリカでは40歳代のマンモグラフィが推奨されないってどういうこと?

検出限界って何ですか?

治療用加速器施設の遮へい計算の理解のために

歯科X線検査では甲状腺防護カラーは必要ですか?

歯科での防護衣の使用

患者さんのスリッパからの放射能汚染拡大は問題ですか?

妊娠中にRIの静注業務を行っていました

放射線の精子や卵子への影響

科学的根拠をもとにした健康保険適用に関する判断分析の是非をめぐって

米国では画像検査が放射線曝露源として主要なものとなっている

制動放射の硬化の評価

密封線源の線源セキュリティ

X線CT検査によるDNA2本鎖切断はどの程度修復される?

放射線で傷ついたDNAは治るのですか?

放射線の単位をわかりやすく教えて欲しい

記録する放射能はどの時点?

ICUに鉛ガラスは必要?

放射線でできる二重鎖切断はどうなるのでしょうか?

放射線でどうしてがんになるのですか?

造影検査で骨髄にはどの程度線量を与えていますか?