小児や青年期にX線CT検査を受けた68万人でのがんのリスク:オーストラリアでの1千百万人を対象にしたデータ・リンケージ研究

医療保険のがん登録のデータベースを組み合わせた研究です。

タイトル

Cancer risk in 680 000 people exposed to computed tomography scans in childhood or adolescence: data linkage study of 11 million Australians

目的

小児や青年期に診断目的のX線CT検査による低線量電離放射線への曝露における、がんのリスクを評価する。

研究デザイン

オーストラリアでの人口集団ベースのデータ・リンケージを用いたコフォート研究

追跡集団

オーストラリアの10.9 百万人のメディケア記録から1985年1月1日に 0-19歳であったか、1985年1月1日から2005年12月31日までの間に生まれた方が特定された。
そのコフォートの中で1985-2005の間に、メディケアにより支出されたX線CT検査を受けた方が特定された。
コフォートの中で、2007年12月31日までの間に、がんと診断されたかどうかを、国のがん登録とのリンケージで調べた。

主要なアウトカム

がんと診断されてから、少なくとも一年以上前にX線CTを曝露したという条件での、X線CTを受けた群のがん罹患率。
それをX線CTを受けなかった群と比較した。

結果

追跡集団で 60,674のがん症例があった。このうち、一年以上前にX線CTを曝露したという条件で、X線CTを受けた群( 680,211)では、3,150件のがんの症例があった。放射線曝露後の追跡期間の平均は9.5年であった。
年齢、性、出生年で調整した結果、全体として、非曝露群に比べて、曝露群ではがんの罹患率が24%増加した(罹患率比1.24。 (95% 信頼区間l 1.20 から 1.29); P<0.001).)。 線量依存性が観察され、受けたX線CTの回数が一回増えると、罹患率比が0.16 (0.13 to 0.19)増加した。 罹患率比は若年層で高かった (P<0.001 傾向性)。 最初の放射線曝露後、1-4, 5-9, 10-14と 15年以上で比較すると、罹患率比は、それぞれ、1.35 (1.25 to 1.45), 1.25 (1.17 to 1.34), 1.14 (1.06 to 1.22), and 1.24 (1.14 to 1.34)であった。 多くの固形がん(消化管、メラノーマ、軟組織、女性生殖器、泌尿器、脳、甲状腺)や白血病、骨髄異形成、その他の悪性リンパ腫で罹患率比は偶然変動の範囲を超えて増加していた。 X線CT検査を受けた群では、608例の過剰ながんがあった(147 脳, 356 他の固形, 48 白血病あるいは骨髄異形成, 57 その他の悪性リンパ腫)。 全ての悪性腫瘍をまとめた場合の、過剰な絶対罹患率は、2007年12月31日の時点で、10万人年あたり9.38であった。X線CT検査の一回当たりの実効線量は4.5 mSvと推定された。

結論

このコフォートでの、X線CT検査後のがんの罹患率の増加は、その多くが放射線によるものであった。フォローアップの終盤でも、がんの過剰が依然として継続していたことから、X線CT検査による生涯でのリスクは結果として決定できなかった。
X線CT検査による線量は、1985-2005年に比べると、現在では小さくなっていると考えられるが、現在のX線CT検査でもがんのリスクが増加しているであろう。
今後のX線CT検査は、得られる診断CT画像を可能な限り最小の線量で得るように全てのスキャンを最適化したうえで、臨床上の適用が明らかであるものに限るべきである。

フランスでの研究

Childhood CT scans and cancer risk: impact of predisposing factors for cancer on the risk estimates

IARC

欧州で小児のCTに係わる国際共同研究「EPI-CT」

記事作成日:2013/06/02 最終更新日: 2016/08/08