コーンビームCTでの実効線量推計

装置に表示されるDAP(dose area product)から推計できます。

Q.透視装置を用いたコーンビームCTで受ける線量を曝露量としての実効線量で推計するにはどうすればよいですか?
A.装置に表示されるDAP(dose area product)から推計できます。

Allura Xper FD20/10, INNOVA 4100, AXIOM Artis dTAを対象にした研究例


Evaluation of Effective Dose During Abdominal Three-Dimensional Imaging for Three Flat-Panel-Detector Angiography Systems

記事作成日:2010/01/19 最終更新日: 2013/11/10