がん治療に用いるイリジウム192密封小線源線の標準

国家標準が確立しています。

放射性医薬品の供給

安定供給への取り組み

ヨード123標識MIBGによる線量評価での子孫核種の考慮の必要性

I-123は壊変するとTe-123になりますが、Te-123は実質的には安定同位体と見なせます。
I-123がTe-123に壊変する際に、半減期が119.25日のTe-123mを介することはありませんのは、0.0044%です。

Ra-223の代謝

INDES4.1での計算結果です。

放射線照射による機器への影響

放射線はヒト以外にも影響を与えます。

タバコとPo-210

国の取り組み 厚生労働省 第二回たばこの健康影響評価専門委員会 タバコ煙中のポロニウムの含有量とその測定法に関 […]

小児や青年期にX線CT検査を受けた68万人でのがんのリスク:オーストラリアでの1千百万人を対象にしたデータ・リンケージ研究

医療保険のがん登録のデータベースを組み合わせた研究です。

遠隔教育リスク科学各論

今年度は、原子力発電所事故後の残存被曝状況での公衆衛生対応を取り上げました。

Radiation exposure from CT scans in childhood and subsequent risk of leukaemia and brain tumours: a retrospective cohort study

Mark S Pearce, Jane A Salotti, Mark P Little, Kieran McHugh, Choonsik Lee, Kwang Pyo Kim, Nicola L Howe, Cecile M Ronckers, Preetha Rajaraman, Sir Alan W Craft, Louise Parker, Amy Berrington de Gonzalez

このサイトへのご感想をお寄せ下さい。

サイトを閲覧して頂きありがとうございます。

目次
contents