放射線の白内障発症リスク

放射線が水晶体周辺部皮質混濁を引き起こすことを示唆する研究結果が得られています。

放射線取扱作業者の線量限度は、眼の水晶体に対して150 mSv/yであり、これは、原爆被爆者に被ばく後2~3年後頃から発症した原爆白内障の知見に基づく。しかし、その後、放射線の遷延性の影響として老人性白内障があることが明らかになり、原爆被爆者の白内障の再評価が始まっている。この再評価は、水晶体に対する放射線影響の新たな生物学的事実の発見、新しい眼科障害評価法の開発、新しい疫学的交絡因子や危険因子の発見などに基づいている。

従来、放射線の眼の水晶体への影響は、被曝後、主として2-3年(0.5 – 35年)で細隙灯顕微鏡検査により観察される後嚢下部軸混濁が出現し、その閾値は、0.5-2.0 Gyであり、視力障害をきたすことなく長期に安定しているとされてきた。また、より高い線量では、視力障害を伴う放射線白内障を発症するが、その閾値は、5Gyであるとされてきた。このように被爆者の後嚢下部軸混濁や多色性変化などの水晶体所見に線量との関係が認められたが、周辺部混濁(所謂、老人性白内障)には線量との関連は認めなかった。しかし、これに反する知見が、その後、得られている。Wideらは、血管腫に対し放射線治療(1-8Gy)を幼児期に受けた患者の照射を受けなかった側の眼に(最小で0.1Gy)、照射30-45年後に、後嚢下部軸混濁の水晶体変化があることを認めた。Brownは放射線に起因した水晶体上皮細胞障害がかなりの年数を経て偏在化する可能性を指摘した。Kleinらは、Beaver Dam Eye Studyで、調査対象の4926人のうちコンピューターX線体軸撮影法(CAT)834人と16.9%のみではあるが、水晶体後嚢下部混濁 (95% CI: 1.08-1.95)と水晶体核混濁 (95% CI: 1.02-1.1.61)で検査履歴と関係があることを認めた。ここで、CATで水晶体が受ける線量は6-80 mSvとも推定している。錬石和男らは、術後白内障症例479人を含む、2000年から2002年に健康診断を受けた推定線量の判明している原爆被爆者3,761人を対象に、線量反応を推定するためロジスティック回帰解析を行い、尤度プロファイル法を用い最適閾値モデルの決定を試みている。その結果、1 Gy当たりのオッズ比 1.39、95%信頼区間 1.24-1.55で術後白内障の有病率に統計的に有意な線量反応増加が認めた。線量を0-1 Gyに限定すると線量反応は示唆的となり、有意ではない閾値0.1 Gy(95%信頼区間 <0-0.8)が認められ、これまで推測されている閾値2-5 Gyよりかなり低く、全く閾値がないという考えとも統計学的には矛盾しない結果を得ている。また、宇宙飛行士を対象にした調査では、Cucinottaらは、NASAの Longitudinal Study of Astronaut Health (LSAH) と個人の職業上の被ばく情報を組み合わせることで、水晶体に8 mSvを超える曝露があった宇宙飛行士で、白内障のリスク増加を検出している。
また、後嚢下部軸混濁だけではなく、周辺部混濁と放射線との関係でも新しい知見が得られている。重度の周辺部混濁は一般集団では52-64歳で5%、65-74歳で18%、75-84歳で46%に観察され、軽度の混濁はそれぞれ41%、73%、91%出現しており、これらはいわゆる老人性白内障といわれているものである。1980年代初めの放射線影響研究所が実施した成人健康調査(AHS)対象者に対する眼科調査では、水晶体周辺部の皮質混濁(いわゆる老人性白内障)には原爆被爆の影響はないとされてきた。しかし、2000年6月から2002年9月まで成人健康調査(AHS)対象者に対し行われた眼科調査では、873人について解析が行われ、その結果、原爆被爆後30数年以降に発生した後嚢下混濁および水晶体周辺部皮質混濁の二つの型の白内障に新たに放射線の影響があることが分かった。この結果は、小児期に血管腫の放射線治療を受けた人において、30−40年後に上記の型の白内障が増加したというスウェーデンの研究報告に合致する。
一方、医療従事者へのリスクに関しては、血管内治療を行う医師に白内障やレンズ内の混濁が発生するリスクが高いという報告が2004年のRSNAでなされ、わが国でも日本脳神経血管内治療学会放射線防護委員会では、学会中に学会参加者を対象に実態を調査した。
この調査は、第20回日本脳神経血管内治療学会で191人の脳血管内治療医を対象に水晶体を検査した。被ばく線量と水晶体の混濁の関係は見いだされていないが、差の検出力が十分ではないことや水晶体の混濁を無散瞳で眼科検査装置を用いて判断していることの限界がある。また、第35回日本IVR学会でIVR学会防護委員会がIVR術者の水晶体への被ばくによる影響を金沢医科大学眼科学教室の協力を得て調査した。対象は、主として腹部IVRを施行し、IVR件数が500件を超える医師である。左眼を散瞳させて、眼科医による診察を行った。

平成18年度の測定データでは、長瀬ランダウア社で計測した医療従事者89,232人のうち、診療放射線技師の平均水晶体線量は、3.37 mSvと医師の2.32 mSvと比べて高く、検出限界を下回った割合も、21.6%と医師の60.0%に比べて低い。平成20年度のデータでは、医師の0.6%が頭頸部の1cm線量当量がICRPが勧告する線量限度である50 mSvを上回った。また、千代田テクノル社で計測した医師50,454人、診療放射線技師23,904人では、平均水晶体線量はそれぞれ0.59 mSv、 1.12 mSvと診療放射線技師の方が高い。
高橋が、平成19年度日本学術振興会科学研究費補助金により、診療放射線技師の人員を調査したところ約4万人が病院等に就業しており、そのうち女性技師は約6,000人を占め、放射線を利用した職業ではかなり多くの割合になると思われる。これは、その被ばくに伴う不安やストレスを感じている女性技師が多数いるのではないかと予想される。また、就業期間中は、電離放射線障害防止規則により健康診断が実施されているが、定年後はまったくフォローされておらず長年の低線量被ばくによる影響は不明である。

文献

1)放射線リスク評価のための低線量反復被曝集団の疫学調査研究について
2)原子力発電施設等放射線業務従事者等に係る疫学的調査報告講演会講演要旨
3)Cancer Mortality among Radiological Technologists in Japan. J Epidemiol, 1999; 9 61-72.

RERFによる解説

放射線白内障(水晶体混濁)
Epidemiological Studies of Cataract Risk at Low to Moderate Radiation Doses: (Not) Seeing is Believing(pdf file, 217kB)

関連記事

医療機関で放射線を扱うことのリスクは大きいですか?
放射線診療従事者の白内障のリスク

IAEAでの活動成果

IAEA Cataract studies published

IAEA Cataract study

CIRAJ-BJELAC, O., REHANI, M.M., SIM, K.H., LIEW, H.B., VANO, E., KLEIMAN, N.J., Risk for radiation induced cataract for staff in interventional cardiology: Is there reason for concern? Catheter. Cardiovasc. Interv. (Jun. 2010).

VANO, E., KLEIMAN, N.J., DURAN, A., REHANI, M.M., ECHEVERRI, D., CABRERA, M., Radiation Cataract Risk in Interventional Cardiology Personnel. Radiat. Res. (Jun. 2010).

IAEA TECDOC 1731

Implications for Occupational Radiation Protection of the New Dose Limit for the Lens of the Eye

ICRP

Statement on Tissue Reactions
2011年4月17-21日に韓国ソウルで行われたICRPの主委員会の会合で、組織反応に関するステイトメントが承認されました。(pdf file, 90kB)
このステイトメントでは、最近の知見から眼の水晶体のしきい線量を0.5Gyと見なすこと、計画被ばく状況の職業被ばくに対する眼の水晶体の等価線量限度(Publ. 103 では150 mSv)を5年間の平均で年20 mSv、年最大50 mSvにすべきであることが勧告されています。
また、不確かさがあるものの、循環器疾患のリスクが高まるしきい値が心臓や脳への放射線曝露量として0.5Gy程度になりえる可能性があり、複雑な手技のIVRではその線量に到達する可能性があるため、医療関係者は最適化で留意すべきとされています。

IAEA

Radiation and cataract
Q&Aで紹介されています。
Implications for Occupational Radiation Protection of the New Dose Limit for the Lens of the Eye

疫学研究例

The O’CLOC study (Occupational Cataracts and Lens Opacities in interventional Cardiology)

FAQ

海水浴では汚染した水と角膜が直接接するので水晶体表面への線量が高くなり、白内障のリスクが増加するのではないですか?

海水浴時の眼の水晶体への線量は、海水中の放射性核種の濃度と接触時間から推計できます。
線量は小さく、リスクも小さいと考えられます。

国の対応状況

国では検討が必要としています。

IAEA安全基準上の要求内容(Basis)

(B24) IAEA安全基準において、新たに設定された職業被ばくに関する線量限度「眼の水晶体の等価線量が連続する5年間の平均で 20 mSv(5年間で
100 mSv)、どの1年間でも 50 mSv」【GSR Part3 21 Schedule Ⅲ】について、我が国では、本知見を踏まえた対応が行われていない。

自己評価で要改善とされた課題(Recommendation)

(R24) 職業被ばくに関する眼の水晶体の新たな線量限度について、IAEA安全基準を踏まえた対応の検討が必要である。

検討のスケジュール案の例

原子炉安全専門審査会及び核燃料安全専門審査会におけるIRRSにおいて明らかにされた課題のフォローアップの進め方について(案)

平成29年1月から3月に検討とあるようです。

研究での対応

今後推進すべき安全研究の分野及びその実施方針(平成29年度以降の安全研究に向けて)

原発事故後の現存被ばく状況での放射線防護のカテゴリーの記事は、保健福祉職員向け原子力災害後の放射線学習サイトに移行中です。

記事作成日:2010/01/22 最終更新日: 2016/09/28