胸部X線検査で受ける線量と航空機の中で受ける線量

原発事故後の現存被ばく状況での放射線防護のカテゴリーの記事は、保健福祉職員向け原子力災害後の放射線学習サイトに移行中です。

胸部X線検査の4回分の線量は、成田ーニューヨーク往復1回で受ける線量と同じくらいと聞きましたが,本当ですか?


飛行機の中で受ける線量

飛行機に乗ると受ける放射線の量は増えるのかな?

飛行機は機体で覆われているので、機内の乗り込むと線量率が少し下がる。

あの〜宇宙線の質問だと思います。

海上に出て高度を上げる場合には、しばらくはさらに線量率が下がる。
これは海上では大地にあるウランやトリウム系列からの放射線の量が少なくなるからじゃ。

飛行機が飛ぶ高度の10km程度ではどうなりますか?

大気による宇宙線の遮へい効果がだんだん小さくなるので、およそ1.5km高度が上昇すると線量率が倍になると考えられている。
地上で0.04μSv/hだったのが、一般の航空機高度(10-12km)では、5-8μSv/hになりえる。

それに飛行時間をかけると線量になるね。

計算ツールがクールなサイトで公開されている

ツールがあるので利用するとよいじゃろ。

デザインのセンスに優れたサイトだね。
プレスリリースの資料では、成田ーニューヨーク往復1回の線量が150 μSv程度となっている。
胸部X線検査の実効線量はだいたい50 μSv程度だから3倍かな。

成田ーニューヨーク往復1回の実効線量は飛行時期によっても変動するが、おおざっぱに見積もって200 μSvとされていて、胸部X線検査の実効線量はだいたい50 μSv程度であるとして4倍であると示されている。
胸部X線検査の実効線量も検査の目的などで変化するので、だいたいの目安と考えればよいじゃろ。

リスクコミュニケーション的な取り組みでガイドラインが策定された

航空機乗務員の宇宙線被ばく管理に関するガイドラインは、乗務員の団体から再度の要請を受ける形で作成されたのですね。

作成の過程では当事者からの意見も聞き取られておる。
このガイドラインもリスクコミュニケーション的な活動でまとめられたものと考えられることができるじゃろ。

航空機機内の線量計

survey meter in airplane

それぞれの測定器で値が異なるのはどうして?

ガイガーカウンター(左側)では2.63μSv/hだけど、シンチレーションサーベイメータ(右側)では0.29μSv/hと桁で違っているようだけど、どちらかの測定器は正しく作動していないのですか?

測定器の応答特性の違いを示しておる。
シンチレーションサーベイメータでは高いエネルギーの放射線を捕まえきれないのじゃ。(リンク先の文字コードはEUCです)

関連記事

線量率が違うのではないですか?

飛行機の中で24時間で受ける線量と1秒間にも満たない短時間で照射されるX線検査の線量をそのまま比べてもよいの?と疑問を持ってしまうあなたは、こちらの記事をご覧下さい。
医療分野で実効線量を使ってもよいですか?

航空機内の線量率との比較例

NICUの医師や看護師が受ける線量

記事作成日:2011/02/18 最終更新日: 2016/10/19