食品中の放射性銀について教えて下さい

放射性物質対策部会としての考え方を示したものではありません。

原発事故後の現存被ばく状況での放射線防護のカテゴリーの記事は、保健福祉職員向け原子力災害後の放射線学習サイトに移行中です。

放射性物質対策部会としての考え方

食品中の放射性銀の管理に関する考え方について(PDF)

Radioactive silver in food

This explanation material is not an official paper of the radioactive substance countermeasures departmental meeting.
食品中の放射性物質の検査結果について(第157報)(平成23年8月12日)
About laboratory results of the radioactive substance in food(the 157th report)

1. Ag-110mの基本的な説明

1. Basic explanation of Ag-110m

質問-1:Ag-110mとは何ですか?

Question -1: What is Ag-110m?
回答-1:
天然の銀の安定同位体には、Ag-107とAg-109があります。
Ag-110mは、銀の放射性同位体で、放射性の銀のことです。
Ag-110mは、Ag-109が中性子を捕獲することで作られる放射性核種です。
中性子捕獲で生成されるので中性子過剰となりβ−崩壊します。
・銀は中性子が照射されると放射化(放射性物質に変わること。ここでは中性子を捕獲し放射性核種に変わること)されやすい性質があります。
医療用加速器などでも生成されることがあります。
Answer -1:
Ag-107 and Ag-109 are stable isotopes of the silver of nature.
Ag-110m is a radio isotope of silver.
Ag-110m is a radionuclide made from the neutron capture of Ag-109.
Ag-110m is β-decays radionuclide because of neutron excess status of nuclear.
The cross section for neutron capture of silver is relatively large.
It is sometime possible to find radioactive silver in medical accelerators.

質問-2:原子炉事故で、放出されるのですか?

Question -2: In general, is Ag-110m discharged due to the nuclear reactor accident?
回答-2:
銀は中性子を吸収しやすい性質を持つことなどから、原子炉で用いられています。
放射性銀は原子炉事故で放出されることが知られています。
Answer -2:
Silver is used in nuclear reactors because of its characteristics.
It is known that radioactive silver might be discharged due to the nuclear reactor accident.

質問-3:Ag-110mの基本的な性質を教えて下さい。

Question -3: Basic character of Ag-110m.
回答-3:
Ag-110mは、半減期約250日の放射性物質です。(中性子捕獲による放射化であり中性子が過剰であることから)βマイナス崩壊により、β線とγ線を出して崩壊し、Cd-110(安定同位体)になります(1.36%は核異性体転移でAg-110を経由します)。(βマイナス崩壊し、β線とγ線を放出するという観点では、I-131やCs-137と似ています。mは核異性体を示します)
食品などの経口摂取による実効線量係数[Sv/Bq]は、3月児:2.7E-8、1歳児:1.4E-8、5歳児:7.9E-9、成人:2.8E-9です。つまり、Ag-110mの実効線量係数は成人では放射性セシウムよりも小さい値です。このことは同じ放射性物質の量であれば、放射性セシウムよりもAg-110mから受ける線量が小さく、従ってリスクが小さいことを意味します。
ヒトはヘモシアニンを持たないので、放射性銀がどこかの臓器に特異的に集積することはありません。
Ag-110mの経口摂取でもっとも線量を受ける臓器は、大腸下部壁で、その預託等価線量換算係数[Sv/Bq]は1歳児:6.3E-8、5歳児:2.8E-8、10歳児:2.2E-8、15歳児:1.4E-8です(INDESによる結果)。
Answer -3:
Ag-110m is a radioactive substance (half – life: 250 day).
Ag-110m decays by emitting beta rays to Cd-110 (stable isotope).
Effective dose coefficient [Sv/Bq] by the oral ingestion such as food is child in 3 month: 2.7E-8, one-years old child: 1.4E-8, and five-years old child: 7.9E-9 and adult: 2.8E-9.
The effect dose coefficient of Ag-110m is smaller than a radioactive cesium at adult.

質問-4:銀には、Ag-110mの他にも放射性同位体がありますか?

Question -4: Are there any other radio isotopes besides Ag-110m for silver?
回答-4:
Ag-110mの他にも放射性同位体がありますが、半減期が短い不安定なものがほとんどです。
今回の原発事故で環境中に放出されたことが確認されたものでは、Ag-108mがあります。
半減期が418年のAg-108mもAg-110mと同様の機序で生成されますが、反応の断面積(=反応の起こりやすさ)が小さいために(=生成しづらいために)、Ag-110mに比べると生成量は百分の1以下と考えられます。
(参考:茨城大学理学部物理学コースのHPに、空間中の放射線計測からAg-108mの存在をスペクトル分析で示した結果が示されています)
Answer -4:
There are several unstable isotopes.
It was confirmed that Ag-108m was also released at this nuclear accident.
Because the cross section of the reaction (easiness of reaction to happen) is small (it is not easy to generate it), the amount of Ag-108m is thought to be 1/100 or less compared with Ag-110m.
(reference: The result of showing the existence of Ag-108m from the radiation measurement in the space by the spectrum analysis is shown in HP of the physics of Department of Science at Ibaraki University course. )

2. 東京電力福島第一原子力発電所事故とAg-110mについて

2. About the nuclear plant the first in Tokyo Electric Power Company Fukushima accident and Ag-110m

質問-5:これまでに環境中でAg-110mは検出されていますか?

Question -5: Has Ag-110m been detected in environment so far?
回答-5:
過去には、チェルノブイリ原子力発電所事故でも環境に放出され、我が国でも観測されています。 
東京電力福島第一原子力発電所事故後では、大気粉塵中でCs-137の1/100程度検出されている例があります(理化学研究所の測定例)。
環境放射能水準調査での定時降下物のモニタリング(月間降下物、平成23年3月、4月)では、神奈川県や長野県でも報告されています
東京電力のプレス発表によると福島第一原子力発電所のサブドレインで180Bq/kgのAg-110mが検出されています。
海底土(pdf file, 156kB)(平成23年8月13日公表)からも検出されています。
文部科学省はAg-110mによる土壌の汚染状況を示しています。
文部科学省による放射線量等分布マップ (テルル 129m、銀 110mの土壌濃度マップ)の作成について(平成23年10月31日公表)(PDF file, 1.4MB)
Answer -5:
Ag-110m was discharged into the environment due to the Chernobyl nuclear plant accident, and it has been observed by our country in the past.
After the accident of the nuclear plant the first in Tokyo Electric Power Company Fukushima, Ag-110m was detected about 1/100 of Cs-137 in the airborne particulate sample (example of measurement at Institute of Physical and Chemical Research).
The concentration of Ag-110m sub drain of the first nuclear plant in Fukushima was 180Bq/kg according to the press announcement of Tokyo Electric Power Company
Ag-110m is at detectable level in marine soil.

3. 海産生物中のAg-110m

3. Ag-110m in living thing of marine products

質問-6:イカでAg-110m濃度が高いのは何故ですか?

Question -6: why is the Ag-110m concentration high in the squid?
回答-6:
ヘモシアニン を持つ軟体動物や節足動物(無脊椎動物)では銀が濃縮されることが知られています。ヘモシアニンは、軟体動物などでの血液色素で、ヒトでのヘモグロビンにあたります。ヘモシアニンの銅が銀に置換されるため軟体動物などでは濃度が高くなると考えられています。
この事象は今回の原発事故以前から、国内でもすでに確認されています。なお、ヘモシアニンを持たないゴカイやナマコでは濃縮されません。

中央水産研究所による機構解明研究成果

頭足類と藻類への人工放射性元素の蓄積機構の解明(pdf file, 623kB)
イカ・タコでの人工放射性核種の蓄積のされ方について
Answer -6:
It is known that silver is concentrated in molluscous and the arthropod (invertebrate) that has the hemocyanin. The hemocyanin in molluscous has same function as haemoglobin in the human in blood. It is thought that the concentration rises because the copper of the hemocyanin is substituted for silver in molluscous etc.
This phenomena has already been confirmed before this nuclear accident. It is not concentrated in the mussel worm and the sea cucumber that doesn’t have the hemocyanin.
Result of National Research Institute of Fisheries Science of mechanism clarification research
Cephalopod and clarification of accumulation mechanism of artificial radioisotope to algae(pdf file, 623kB)
About how with the squid octopus to accumulate the artificial radioactive nuclide

質問-7:イカでAg-110m濃度が高い臓器はどこですか?

Question -7: Where is Ag-110m concentrated in a squid?
回答-7:
イカの肝臓(中腸腺)の濃度が高いことが知られていますが、これは、肝臓には血液が多く含まれるからだと考えられます。一番濃度の濃い臓器は、心臓と鰓心臓だと考えられます。
なお、「するめいか」は内臓を取り除いた状態で測定したデータをもとに食品成分表が作成されているために、通常のモニタリングでは、中腸腺は除いて測定されることがありえるとも考えられます。
Answer -7:
The concentration is high in squid’s liver (digestive caecum) because of it contains a lot of bloods. It is thought that internal organs with the highest concentration is a heart and a branchial heart.

質問-8:生物では、どの程度濃縮されますか?

Question -8: How are you concentrated in the living thing?
回答-8:
IAEA. Safety Reports Series No.19(pdf file, 864kB)では、淡水魚:5、海水魚:500、海産物:10,000(http://www-pub.iaea.org/MTCD/publications/PDF/Pub1103_scr.pdf)
IAEA. Technical Reports Series No.422(1.6MB)では、海水魚:10,000、甲殻類:200,000、軟体動物:60,000と報告されています。
これらの係数の差は海水中のAg-110m濃度の評価が異なることが原因と考えられます。
海水中の細菌の細胞表面に海水中のAg-110mが電気化学的に吸着することも考えられます。
Answer -8:
In IAEA. Safety Reports Series No.19 and (pdf file, 864kB), freshwater fishes: 5 and the sea fish: 500 and marine products: 10,000. (http://www-pub.iaea.org/MTCD/publications/PDF/Pub1103_scr.pdf)
In IAEA. Technical Reports Series No.422 and (1.6MB), the sea fish: 10,000 and crustacean: 200,000 and molluscous: It is reported 60,000.
It is thought that it is a cause in the difference of these coefficients that the evaluation of the Ag-110m concentration in seawater is different.

4. 安全基準

4. Safety standard

質問-9:放射性銀の摂取限度は定められているのですか?

Question -9: Is the intake limit of radioactive silver provided?
回答-9:
放射性銀による線量への寄与が小さいと推測されることから、現在は、特別な基準は設けられていません。その理由は、放射性セシウムの基準が安全側に定められていることや、Ag-110mが特異的に蓄積する食品が軟体動物や節足動物の内臓であって日常的に大量に摂取することは考えられないことから、現在測定されているような濃度では、Ag-110mの摂取が原因で食品に由来する線量が目標とする基準を超えることはないと考えられるためです。ただし、海の中での放射性物質の動きや、海洋生物への取込みは、陸上よりも複雑と考えられることから、薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会放射性物質対策部会では、海産生物中での放射性物質の割合を測定によっても明らかにし、その線量への寄与などを長期的な観点から慎重に検討すべきとしています(pdf file, 254kB)。そのためにも、今後広範囲かつ長期的にモニタリングすることが望ましいと考えられます。
Answer -9:
Specific guidelines have not been installed yet because it is guessed that contribution to the dose with radioactive silver is small.
However, because it is thought that the dynamics of the radioactive substance in the sea and the marine organism are more complex than land, in the Pharmaceutical Affairs and Food Sanitation Council food hygiene subcommittee meeting radioactive substance countermeasures departmental meeting, the ratio of the radioactive substance in the living thing of marine products should be monitored, and it is assumed that it is necessary to examine contribution to the dose from a long-term viewpoint carefully (pdf file, 254kB). It is thought that it is preferable to be going to monitor it widely and for the long term in the future for that.

質問-10:放射性銀による線量を教えて下さい。

Question -10: Please teach the dose with radioactive silver.
回答-10:
イカの血液が多く含まれる臓器のAg-110mの濃度を200Bq/kgとし、イカの血液が多く含まれる臓器を利用した加工食品ではそれが2倍に濃縮され、それを安全側の見積もりとして一日50g食べた場合、一日のAg-110mの摂取量は、20Bq/日となります。
毎日この量を食べ続けた場合には、年間での摂取量は7,300Bq/年程度となります。
成人のAg-110mの預託実効線量係数は2.8E-6[mSv/Bq]ですので、年間の摂取に伴う預託実効線量は20μSv程度にとどまります。
Answer -10:
The concentration of Ag-110m of internal organs where a lot of bloods of the squid are included is assumed to be 200Bq/kg, it is concentrated to twice in the processed food using internal organs where a lot of bloods of the squid are included, and when it eats 50g a day it as an estimate of the safety side, the intake of Ag-110m during a day becomes 20Bq/the day.
When it keeps eating this amount every day, the intake in year becomes about 7,300Bq/year.
Because the committed effective dose coefficient of adult’s Ag-110m is 2.8E-6[mSv/Bq], the committed effective dose according to the intake during year stays in about 20μSv.

5. 測定

5. Measurement

質問-11:Ag-110mの規制値を設ける必要がありますか?また、規制が必要だとすると、計測にはどのような注意が必要ですか?

Question -11: Should we install the protection action level of Ag-110m?
How should I care for the routine measurement if the PAL is necessary?
回答-11:
食品安全委員会からの答申予定資料では、放射性核種毎の規制値は示されておらず、前述したように現時点ではAg-110m の寄与は小さいと考えられることから、東京電力福島第一原子力発電所事故への対応として、Ag-110mの規制値を設ける必要性は乏しいと考えられます。
前述したように放射性物質対策部会ではセシウム以外の放射性核種についても検討する必要性があると指摘しており、Ag-110mについても、必要に応じて放射性物質対策部会で検討していくことになります。

NaI検出器ではCs-137(やCs-134)とAg-110mの弁別は困難

Ag-110mを評価するという観点からは、NaI検出器を使った測定では、Ag-110mと放射性セシウムを弁別して測ることは不可能です。一方で、試料中にAg-110mが存在する場合、NaI検出器による測定では、放射性セシウム濃度はAg-110mの濃度が上乗せされて評価されます。

NaIでの測定結果からリスクは安全側に評価できます

Ag-110mの実効線量線量換算係数は、Cs-137と比較し、成人では1/202/10であり、乳幼児を含む小児ではやや大きくなるが、ほぼ同等です。このため、線量を評価する上では安全側となり、NaI検出器による測定が非安全側となることはありません。

表 預託実効線量換算係数[Sv/Bq]
Table committed effective dose conversion coefficient[Sv/Bq]

年代 3月児
3 month
1歳児
One-years old child
5歳児
Five-years old child
成人
Adult
Ag-110m 2.7E-08 1.4E-08 7.9E-09 2.8E-09
Cs-134 3.0E-08 1.6E-08 1.3E-08 1.9E-08
Cs-137 2.5E-08 1.2E-08 9.6E-09 1.4E-08

Answer -11:
In the preliminary report of Food Safety Commission, the restriction value of each radionuclide is not indicated, and the necessity for installing the restriction value of Ag-110m is scarce because the contribution of Ag-110m to dose is relatively small.
It is pointed out that there is a necessity for examining radionuclides other than the cesium in the radioactive substance measures departmental meeting as mentioning above, and will examine Ag-110m if necessary in the radioactive substance measures departmental meeting.

The distinction of Cs-137 (Cs-134) and Ag-110m is difficult in the NaI detector.
However the risk is appreciable from the result of a measurement in NaI on the safety side.

質問-12:Ag-110mの濃度は検査されているのですか?

Question -12: Is the concentration of Ag-110m inspected?
厚生労働科学研究費補助金による測定結果について

質問-13:Ag-110mの濃度が高い食品が流通する可能性はありますか?

Question -13: Is there a possibility that food with high concentration of Ag-110m circulates?回答-12、-13:
エネルギー弁別された検査でCs-137のピークと分離できれば、Ag-110mも定量的に評価することができます
NaI検出器のようにエネルギー弁別していない検査では、一定のレベル以上のAg-110mがあれば、放射性セシウムとしてのスクリーニング基準を超えると考えられます。
Answers -12 and -13:
If it is possible to evaluate the amount of Ag-110m, if the area of the peak was estimated by high resolution spectrometry.
By using NaI detector it is difficult to distinguish energy of these nuclides, however, it is thought that the criterion for screening as a radioactive cesium is enough for the screening of Ag-110m.

質問-14:NaI検出器を用いた測定で、結果としてAg-110mによる線量を過小評価することはありませんか?

Question -14: Is the dose by Ag-110m never undervalued as a result by the measurement with NaI detector?
回答-14:
検体にAg-110mが含まれている場合、NaIでの測定結果をもとに被ばく線量を評価すると過大評価になります。

NaIの測定でMCAも用いる場合

658keVのピークをCs-137と計測した場合は、
結果としてCs-137を過大に評価し、放射能濃度としては、
Ag-110mではなくCs-137であった場合と比較し1割程度過大
Cs-137とAg-110mが同じ量含まれる試料では、Ag-110mの存在を認識せず評価すると、Cs-137の量を2倍以上過大
に評価することになります。
→成人の線量としては、Cs-134も同量があると仮定した場合は、13倍の過大評価
→幼児の線量としては、Cs-134も同量があると仮定した場合は、3.2倍の過大評価

NaIの測定でMCAを用いない場合

→結果としてCs-137とCs-134を過大に評価(放射能濃度としては2.9倍程度過大)
Answer -14:
The amount of Cs-134 and Cs-137 would be over estimated if a sample contains Ag-110m
When you use MCA by measuring NaI
When the peak of 658 keV of Ag-110m was treated as 661 keV of Cs-137 and the sample dose not contain Cs-137, the estimated activity of Cs-137 would be 110% of actual Ag-110m.
When the existence of Ag-110m is not recognized and the amount of Cs-137 was equal to Ag-110m, the amount of Cs-137 would be overestimated as twice or more.
When you do not use MCA by measuring NaI
Cs-137 and Cs-134 would be excessively evaluated. (It is about 2.9 times excessive as the radiation level. )

質問-15:Ag-110mが原因で誤って放射性セシウムの暫定規制値を超過したと判定することはないのでしょうか?

Question -15: Do not you judge that the tentative restriction value of a radioactive cesium was exceeded because of Ag-110m by mistake?
回答-15:
規制値を超えた否かの判断は、簡易法でスクリーニングされた場合であっても、Ge半導体検出器による再測定の結果を基にされますので、タイプ1エラー(=基準を超えていないものを、基準を超えたと間違えて判定すること)が増加することは考えられません。
Answer -15:
Even if the screening result was positive, sample must be re-evaluated by Ge detector.
You do not care about Type 1 error.

6. イカ以外の食品

6. Foods other than squid

質問-16:イカ以外の海産物でもAg-110mが検出されることはありますか?

Question -16: Is Ag-110m detected as for marine products other than the squid?
回答-16:
タコ、貝類、カニ、エビでも、これらの生物の血球細胞中の濃度が高くなることが考えられます。
北海道は、ホタテからAg-110mが検出されたことを平成23年8月4日に発表しています。
水産物以外でも陸上のヘモシアニンを持つ節足動物でも、濃度が高くなり得ると考えられます。
Answer -16:
The octopus, shellfishes, crabs, and prawns are possible.
It is announced that Ag-110m was detected from the scallop as for Hokkaido.
It is also predictable that radioactive silver would be accumulated in arthropods on land.

質問-17:イカを食べるアンコウではAg-110mの濃度が高くなるのではないですか?

Question -17: Does the concentration of Ag-110m rise in the blackmouth goosefish that eats the squid?
回答-17:
アンコウは高くなりません。ヘモシアニンを持たないためです。
Answer -17:
The concentration of blackmouth goosefishes could not be high. This fish does not have hemocyanin.

質問-18:イカの調理法を工夫することで、Ag-110mの摂取量を減らすことができますか?

Question -18: Can the intake of Ag-110m be decreased by devising squid’s cooking method?
回答-18:
Ag-110mはイカやカニなどの内臓に多く蓄積しますので、身など内臓以外の部分のみを食べる場合は、Ag-110mの摂取量は極めて小さくなります。また、イカスミはメラニンのために、Ag-110m濃度は低いです。
イカやカニの内臓を食べる調理法はいくつかありますが、一般にはイカの身と一緒に食されますので、内臓だけを長期的に大量に摂取することはないと考えられます。
Answer -18:
When it eats only the parts other than internal organs such as bodies, the intake of Ag-110m extremely small because Ag-110m accumulates in internal organs of the squid and the crab, etc. Ag-110m concentration of squid ink is low because squid ink is melanin not blood.
Although there are some a cooking methods that eat squid and crab’s internal organsIn, it is unlikely to eat a large amount of internal organs alone for the long term.

質問-19:銀以外に海産生物での放射性物質の生物濃縮の例がありますか?

Question -19: Is there an example of the ecological magnification of the radioactive substance in the living thing of marine products besides silver?

回答-19:

ヨウ素

平常時でも海藻で微量の放射性ヨウ素(医療由来)が検出されることがあります。

コバルト

東シナ海のタコの肝臓では微量のCo-60(由来は明確ではないようです)が検出されたことがあります。
Answer -19:

Iodine

A small amount of radioactive iodine (origin from medical use) might be detected with the seaweed in normal circumstances.

Cobalt

A small amount of Co-60 (The origin seems not to be clear) has been detected in the liver of the octopus in East China Sea.

質問-20:カキにも放射性銀が濃縮されると聞きましたが、どの程度の濃度になりますか?

Question -20: How about the concentration of oyster?
回答-20:
チェルノブイリ事故時には、Ag-110m降下量約0.3 Bq/m2に対して(宮城県原子力センター年報 第5巻)、カキ中のAg-110m濃度は約3 Bq/kg生程度でした(宮城県原子力センター年報 第9巻)。
今回の東京電力福島原発事故では、東北地方~関東地方で約10~20 Bq/m2程度のAg-110mが降下しているとすると 、大気放出由来によりカキには100~200 Bq/kgぐらいに濃縮されることが考えられます。
さらに、今回の事故では大気以外に海洋にも放射性物質が放出されましたので、より濃度が高くなることが考えられます。
Answer -20:
Ag-110m concentration in the oyster against Bq/m2 (volume 5 of a Miyagi Prefecture nuclear power central annual report) was Bq/kg life level ( volume 9 of a Miyagi Prefecture nuclear power central annual report) at the Chernobyl accident.
In this Tokyo Electric Power Company Fukushima nuclear accident, the Tohoku region?If Ag-110m of about about 10-20 Bq/m2 has descended in the Kanto region, the oyster is possible to be concentrated in 100-200 Bq/kg by the atmospheric discharge origin.
In addition, because the radioactive substance was discharged into the ocean in this accident besides the atmosphere, it is possible that the concentration or more rises.

質問-21:今後、イカ中のAg-110mの濃度はどの程度になり得ますか?

Question -21: Estimated concentration of Ag-110m in the squid in the future.
回答-21:
チェルノブイリ事故時には、5Bq/kg-wet程度であったことから、上と同様に考えると200-300 Bq/kg-wet程度と計算されます。ただし、汚染水からの影響が評価できないために推定です。
東京電力福島第一原子力発電所の1号機サブドレンで平成23年6月20日に採取された試料では、Cs-137が4Bq/cm3であるのに対して、Ag-110mが0.066Bq/cm3検出されています。

表 東京電力福島第一原子力発電所の1号機サブドレンの放射性核種の濃度[Bq/cm3]

測定日 平成23年6月20日 平成23年6月22日 平成23年6月24日 平成23年6月27日
Cs-137 4 23 10 16
Ag-110m 6.6×10-2 1.7×10-1 1.1×10-1 1.8×10-1
Ag-110m/Cs-137 6.6×10-2 7.4×10-3 1.1×10-2 1.1×10-2

この比(平均は、1.15E-02)を用い海水中のAg-110mの量がCs-137に対して0.017と仮定し、Marine shellfishでの濃縮係数がAgでは10,000に対してCsでは30であることを用いると(IAEA. Safety Report Series. No.19)、Cs-137に比べてAg-110mの濃度が4倍程度になると推測されます。
Answer -21:
It is estimated to be 200-300 Bq/kg-wet when comparing the fallout at the Chernobyl accident. Contribution from polluted water should be considered.
Ag-110m has been detected in 0.066Bq/cm3 while Cs-137 is 4Bq/cm3 in sub drain of the first nuclear plant in Tokyo Electric Power Company Fukushima on June 20, 2011.

Table Cconcentration of radionuclide of the first machine sub drain of the first nuclear plant in Tokyo Electric Power Company Fukushima[Bq/cm3]
Measurement day June 20, 2011 June 22, 2011 June 24, 2011 June 27, 2011
Cs-137 4 23 10 16
Ag-110m 6.6×10-2 1.7×10-1 1.1×10-1 1.8×10-1
Ag-110m/Cs-137 6.6×10-2 7.4×10-3 1.1×10-2 1.1×10-2
When this ratio (The average is 1.15E-02) is used, the amount of Ag-110m in seawater assumes Cs-137 to be 0.017, and the radioecological concentration factor in Marine shellfish uses to 10,000 30 in Cs it in Ag, that is, (IAEA. Safety Report Series . No.19) It is guessed that the concentration of Ag-110m quadruples compared with Cs-137.

質問-22:イカでは放射性銀を高度に濃縮するので、Ag-110mの規制を設けるのがよいのではないですか?

Question -22: Should we risk the highly concentrate radioactive silver in the squid?
回答-22:
規制影響分析の視点から考えると、規制値を設けるべきかどうかは、
 規制値を設けない場合に国民が被る不利益(=規制値を設けることで国民が享受できるリスク低減)、規制値を設けることによる追加の社会的なコスト、規制値を設けることによる消費者の不安解消による安全な食品の消費促進などのバランスで決まります。
摂取限度の導入によりAg-110mに由来した預託実効線量が年間の摂取で0.1mSvを超えないように制御し、結果として、0.05mSvの曝露低減を目指すと考えると7kBq/kgを超えるものの流通を阻止する必要があります。しかし、7kBq/kgを超えるイカが採れることは考えがたく、規制を設ける意義がは乏しいと考えられますが、どうすべきかは利害関係者間で合意形成を目指す必要があると考えられます。
Answer -22:
Protective action level is decided by policy makers based on regulatory impact anaysis.
It depends on the balance between risk reduction and other factors.

質問-23: 魚介類にはPo-210が含まれると聞きますが、その線量の人によってどの程度異なるのですか?

Question -23: Dose from Po-210 by eating seafood.
回答-23
Po-210の年間摂取による各自治体での平均預託実効線量は、0.28±0.22mSvと推定されています。
この不確かさは、都市間の差異を示しています。
また、Po-210の濃度が最も高かった赤貝を年間食べ続けた場合には、UNSCEAR2000で示された成人の自然放射線による実効線量である0.29mSvの半分程度に到達しうると考えられます。
平成21年度 厚生労働科学研究費補助金 健康安全確保総合研究分野 食品の安心・安全確保推進研究
食品中の有害物質等の摂取量の調査及び評価に関する研究(主任研究者:松田りえ子)
食品中の放射性核種の摂取量調査・評価研究(分担研究者:杉山英男)

Hideo Sugiyama, Hiroshi Terada, Kimio Isomura, Ikuyo Iijima, Jun Kobayashi and Kiyoshi Kitamura: “Internal exposure to 210Po and 40K from ingestion of cooked daily foodstuffs for adults in Japanese cities”: J. Toxicol. Sci., Vol. 34: No. 4, 417-425. (2009)
Answer -23
The average committed effective dose due to Po-210 in each municipality in Japan by the consumption of seafood was presumed to be 0.28±0.22mSv per year.
This uncertainty shows the difference between cities.

質問-24: 魚を食べることで線量が増えるのですか?

Question -24: Does the dose increase because it eats fishes?
回答-24:
Ag-110mの濃度が高いイカや貝を食べると受ける線量は大きくなりますが、健康への影響は無視できると考えられる範囲と考えられます。
また魚は健康の維持に有益な食品であり、バランスよく摂取することが望まれます。
Answer -24:
Risk from Ag-110m in seafood seems to be negligble.
Think about balance.

質問-25:線量はできるだけ減らすべきなので、Ag-110mが検出された海産物の流通を禁止すべきではないですか?

Question -25: Should I avoid sea food to reduce radiation dose?
回答-25:
回答-10でも示したように、年間の摂取に伴う預託実効線量は20μSv程度にとどまることから、そのような措置は必要ないと考えられます。
流通禁止などの措置を講じるかどうかは、その措置により回避されるリスク低減の効果と介入がもたらす社会の負担などのバランスで決定されます。
Answer -25:
Estimated dose is small.
Whether to take the countermeasures is decided by the balance of intervetion and risk reduction.

質問-26:Ag-110mは半減期249.95日で安定(と考えられる)Cd-110に壊変するので、放射性銀としてだけではなくカドミウムとしての化学毒性も考慮して規制を適用すべきではないですか?

Question -26: Should I risk Ag–110m in food for chemical toxicity of cadmium?
回答-26:
Ag-110mは半減期249.95日なので、崩壊定数は3.2E-08[/s]です。
従って、1BqのAg-110mは、原子の数としては、3.1E+07個に相当します。
100BqのAg-110mは、原子の数としては、3.1E+09個に相当します。
Cd-110は1モルで110gなので、100BqのAg-110mが全て崩壊してCd-110になったとすると、3.1E+09個のCd-110は、0.6pgに相当します。
なお、コメのカドミウムの規格基準は、「玄米及び精米で0.4 ppm以下」とされており、1kgのコメには0.4mgを超えるカドミウムが含まれてはならないとされています。
100Bq/kgのAg-110mを含むもので、100BqのAg-110mが全て崩壊してCd-110になったとすると、0.6pg/100kgのカドミウム濃度になりますが、この濃度は、1kgあたり0.0000000006mgと等しくなります。
If the radioactivity of Ag-110m was 100Bq, the maximum amount of Cd-110 would be 0.6 pg.

質問-27:単位経口摂取あたりの等価線量が高い臓器は何ですか?

Question -27: Which is the critical organ (the highest exposed organ) for ingestion of Ag-110m?
3月児は肝臓で、それ以外は大腸です。。
For 3-month-old member of the public, the critical organ is Liver.
For the other age groups, the critical organ is Colon.
Ag-110mの線量換算係数, Dose Coefficients of Ag-110m, ICRP Pub. 72

記事作成日:2011/08/11 最終更新日: 2016/08/10

心臓にセシウムがたまるって本当?

資料を探しに来られたいわき市の保育士の方向けのページです

風評被害

薪ストーブは安全ですか?

トリチウムはどうなっているの?

モニタリングポストの値が変動しています

気体として存在する放射性セシウム

放射線計測の不確かさ

個人線量計の値は正しいの?

原発事故後の保健師活動

井戸水に自然の放射性物質があると言われました

食品中の放射性ヨウ素の濃度

食品中の放射性セシウムの放射能濃度

Subjective health legacy of the Chornobyl accident

食品の出荷制限と摂取制限

生物への移行係数

調理・加工による放射性核種の除去効果

環境試料の放射能検査と放射線防護

食品中の放射性銀について教えて下さい

外部被ばくと内部被ばく

食品中の放射性核種の摂取量調査・評価研究

放射性物質を含む廃棄物の管理

尿中濃度から預託実効線量の計算はどうすればよいですか?

線量限度の考え方を教えて欲しい

原発事故に伴う放射線への曝露

線量計のアラーム設定はどうすればよいですか?

放射線の測定器の不確かさが大きいのはどうしてですか?

Cs-137を含む水中で受ける外部被ばく線量

単位摂取量当たりの線量換算係数

放射性物質の代謝

Making Choices: Screening for Thyroid Disease

原発事故などによる放射線曝露での発がんなどのリスク

I-131の血液から甲状腺への移行係数と甲状腺等価線量

クライシス・コミュニケーション

「空気中の放射線量」とは何ですか?

地表面の汚染から受ける線量

農業における対策:チェルノブイリ事故後15年における効率の評価その教訓。

母乳を続けてもよいですか?

皮膚に付いた汚染から皮膚が受ける線量

水道水を飲んでもよいですか?

体表面のサーベイメータによる測定での除染の基準はどうやって決まっているのですか?

放射線の影響に関する健康相談について(+サーベイメータの換算係数)

(緊急時における)食品の放射能測定

原子力発電所の事故により、周辺地域の住民が気をつけることは何ですか?

放射性物質の量とリスク(医療分野との比較)

原子力災害時の対応指針(+ICRPからのメッセージ)Publication111を皆で読もう

CPMとは何ですか?

環境放射線測定状況

原子力災害時における心のケア対応の手引き

安定ヨウ素剤 取扱いマニュアル

装備機器の除染の基準はどう考えるのがよいですか?

フォールアウトしたSr-90による歯牙への線量と放射性セシウムの体内量